普通借地権について

普通借地権(借地借家法第3条)とは、借地借家法において「更新のある」借地権をいいます。契約期間満了後、借地人が希望すれば契約が更新されるものです。1992年8月1日以前から存在する借地権は旧借地権とされ、旧法が適用されます。現在の普通借地権は、存続期間が定められています。当初存続期間は30年、最初の更新では20年間、以降の更新時の存続期間は10年とされています。

契約満了時に、更新を拒否する正当事由が地主にない場合は、借地人が希望すれば契約は自動更新となります。この正当事由の判断基準はたいへん厳密であり、争いになることが少なくありません。土地所有者がその土地を自ら使用する必要性やその必要性についてかなり具体的でないと認めてもらえません。なお土地所有者に無断で建物の増改築を行うなどの行為があると、更新を拒否する正当事由と認められることがあるようです。また、妥当な明け渡し料の提示があるなどの事情も考慮されます。

契約満了時に借地人が建てた建物が残っているときは、地主に建物の買い取り請求が可能です。また、借地している土地の所有権が第三者に変わった場合、借地人はその第三者に対し借地権の主張ができます。